インターネット接続 光・ADSL・WiMAX・Y!mobile・3G 4G LTE

  • HOME
  • ネット接続の基本

インターネット接続の基本!

まずインターネットに関して、全然わからない方のために
ネット接続でよく使われる用語を基本から

現在このページをご覧になっている方は、
パソコン、タブレット、スマートフォンなどでネット接続していると思います。
接続に使用している通信回線は、 光 ADSL 3G 4G LTEなどで、
これらの回線を利用してデータ通信(パケット通信)しています。

データ通信とパケット?

インターネットの通信は、データを効率よく運べるように、
データを小さなまとまり(パケット)に分割して、送受信されています、
スマートフォンや携帯の料金で、パケット通信量やパケット料金などと言うのはそのためです。
パケホーダイや、定額制データプランも同じで、すべてデータ通信(パケット通信)です。

携帯やスマートフォンでの音声通話も、
データ通信(ひとつの回線を独占して利用する回線交換方式)ですが、
料金プランによくあるデータ通信量とは、パケット通信量の事で、音声通話は含まれません。
音声通話が出来ない(含まない)プランを、データ通信プランなどと呼んでいます。
よくある無料通話アプリは、音声通話としての料金は発生しませんが、
アプリは、インターネットのパケット通信を利用するので、データ通信の料金(パケット代)が掛ります。

インターネット接続 光 ADSL

光、ADSL、といった回線は、家までケーブルを引く工事が必要です(※回線業者が工事)、
※ADSLの場合、既存の固定電話の回線も利用できます。

設置された、モジュラージャックや光コンセントから、電話コードまたは専用コードで、
モデム(ADSL)、回線終端装置(光)、宅内端末装置(光VDSL方式)などの
接続機器(※アナログ信号や光信号をデジタル信号に変換する装置)へ繋ぎます。
光回線の場合、ここまで回線業者が設置してくれますので、
難しく考える必要は有りません。

光 ADSLの場合、
設置された、接続機器のLANポートから、パソコンのLANポートに、
LANケーブルを使って接続します。

別途、ルーターを利用する場合は、
設置された、接続機器のLANポートから、
ルーターのWANポート(インターネット側)へ接続し、
そのルーターのLANポートから、パソコンのLANポートに接続します。

無線ルーターを利用すればパソコンへの接続にLANケーブルは必要ありません、
※LANケーブルを使わずに、無線で接続することを、
無線LAN接続(Wi-Fi接続)と言います。

自宅内でのインターネット接続方法(配線)は、
どの回線(光 ADSL 3G 4G LTE)でも、ルーター次第でほぼ同じように接続可能です。

インターネット接続 モバイル 3G 4G LTE

モバイルでのインターネット接続には、
スマートフォンやタブレットにSIMカードを直接挿入して使う方法と、
WiMAXやY!mobileのようにモバイルルーターを中継して利用する方法があります。
どちらの場合も、3G 4G LTE などの無線でネットに接続するので、
光回線やADSLのように、家にケーブルを引くような工事は必要ありません。

一般的に、スマートフォン(docomo au SoftBankなど)を購入した場合、
基地局との通信(3G 4G LTE)は、スマートフォン単体で行いますが、

WiMAXやY!mobileのようにルーターを利用する場合、
基地局から送られるデータ(3G 4G LTE)を、
データ通信端末(Wi-Fiルーターやモバイルルーターなどと呼ばれる小型機器)で受信します。

そのデータ端末から、無線LAN(Wi-Fi)で、スマートフォンやタブレットはもちろん、
Wi-Fi接続可能な各機器(PC、プリンター、ゲーム機器、AV機器、家電など)をつなぎます。

データ端末によって、同時に接続できる台数が異なります。
有線LANに対応できるLANポートが付いたデータ端末なら、
無線LAN(Wi-Fi)に対応していないデスクトップのパソコンも
LANケーブルで接続できます。

※無線LAN(Wi-Fi)に対応していないデスクトップのパソコンも、
無線LANアダプタ、無線LANカード、データ通信カード、無線子機などと呼ばれるものを付ければ、無線LAN(Wi-Fi)で接続できます。

WiMAXやY!mobileのデータ端末は、光やADSLの有線接続と違って、
基地局とは無線接続(3G 4G LTE)なので、
データ通信端末を持ち歩ける事が、最大のメリットで、
家でも外でも一つの契約でネット接続できます。
光回線やADSLの場合、外出先でのネット接続には、別途契約が必要です。

SIMカードのプラン

最近ではSIMカードのプラン(ドコモのXi LTE/3G)も多く提供されていますので、
利用量が少ない方や、
自宅では光やADSLだけど、外出先でもインターネットを少し使いたい方などには、
SIMカードのプランなら、さらに料金を節約する事が可能です。
メリットは、利用状況によって料金のコースを選べる事です。

Xi LTEのSIMカードは、 docomoのスマートフォンや、
SIMフリーのスマートフォン、SIMフリーのタブレットなどに直接挿入して利用できますが、
別途、SIMフリーのモバイルルーター(データ通信端末)などを利用する事で、
WiMAXやY!mobileと同じように複数の端末を無線LAN(Wi-Fi)で接続できます。

※お使いの機種や端末によっては、ご利用できない場合があります