インターネット接続 パソコンの設定でよく見かけるLANとルーター!

ネット接続の基本 LANとは? ルーターって何?

無線LANや有線LANなど、よく耳にしますが、
簡単に理解する為に、家電製品を電気コードで繋ぐようなイメージで考えて下さい。
「LAN」が電気コードで、
「ルーター」は差し込み口が足りない時に使う電源タップ(タコ足配線?)のような感じで!
※参考 画像付き ルーターとは?

LANとは?

パソコンの接続設定でよく見かける
LANとは( Local Area Network:ローカルエリアネットワーク)
一つの建物の中(ローカルエリア)にあるコンピュータや通信機器などを接続し、
データをやり取りするネットワークの事で、
一般家庭ではルーターを中継して、パソコンやタブレット、
プリンタ、ゲーム機器などを接続し、ホームネットワークを構築します。

それに対してWANは、(Wide Area Network:ワイドエリアネットワーク)
離れた場所(ワイドエリア)と接続するネットワークです、

ルーターなどの設定で、WANポートやWAN側IPアドレスなどとありますが、
LANが近い場所、家など建物の中のネットワークの事で、
WANは遠い場所にある回線元と接続するネットワークと思えば判りやすいでしょう。

そのLANを接続するのに使うのが、LANケーブルです。
※LANケーブル を使わずに、無線で接続することを、
無線LAN接続(Wi-Fi接続)と言います。

ルーターとは?

有線ルーター、無線ルーター、Wi-Fiルーターとよばれる、
ネットワーク間を中継する通信機器です。

自宅で使う固定タイプのルーターが主流でしたが、
最近では、モバイルでのネット接続に利用する、
データ端末などと呼ばれる、持ち歩くタイプのルーターも多く出回っています。

ルーターを利用するメリットは、
セキュリティ強化や、複数の機器の接続に役立ちます、
複数台の機器(パソコン、タブレット、スマホ、プリンター、ゲーム機、AV機器、家電など)を
接続してホームネットワーク(LAN)の構築ができます。

自宅で使う、固定タイプには、
LANケーブルを利用する有線LAN専用のルーターもありますが、
有線(LANケーブル)と無線の両方が使える、
4つ位のLANポートがついた無線ルーターがおすすめです。

無線LANルーターなら、LANコードを使わない分、部屋がすっきりしますし、
無線LAN(Wi-Fi)に対応していない
複数のデスクトップのパソコンやプリンターもLANケーブルで有線接続できて、
スマートフォンやタブレットなどは、無線LAN(Wi-Fi)で接続できます。

※無線LAN(Wi-Fi)に対応していないデスクトップのパソコンも、
無線LANアダプタ、無線LANカード、データ通信カード、無線子機などと呼ばれるものを付ければ、無線LAN(Wi-Fi)で接続できます。