インターネット接続 Wi-Fiと無線LAN 公衆無線LANとは?

ネット接続の基本 Wi-Fi 無線LAN

Wi-Fi(ワイファイ)とは、無線です。
Wi-Fi接続とは、LANケーブルを使わずに無線でルーターとパソコンを接続する事です。
※参考 画像付き Wi-Fi(ワイファイ)とは!

Wi-Fiって何?

Wi-Fi(ワイファイ)とは、
無線でネットワークに接続する技術で、
無線LANの標準規格「IEEE802.11」に接続できるという保証を付けた業界団体のブランド名です
今では、ほとんどの無線LANに
「Wi-Fi」のマークがあるので無線LANとWi-Fiは同じと考えていいでしょう。

同じ無線でも、3G 4G LTE は、遠くの基地局と通信できますが、
Wi-Fiは、数メートルから数十メートル圏内の通信に利用します。

たとえば、基地局(回線元)から、
光 ADSL 3G 4G LTEなどで送られてくるデータを、
ルーターで受信します、
そのルーターから無線LANを利用して、近くにあるパソコンに無線(Wi-Fi)で接続します。

パソコンはもちろん、タブレットやスマートホンを
ルーターから、LANケーブル(有線接続)を使わずに、
無線で接続することを、無線LAN接続(Wi-Fi接続)と呼んでいます。

Wi-Fiでパケット代を節約?

Wi-Fi接続で、パケット通信量(パケット料金)節約というのは、
すでに光回線やADSLを利用している方は、常時接続で定額料金なので、
スマートホンやタブレットの、自宅でのネット接続は、
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を利用して、Wi-Fiで接続しようと言う事です。

スマートフォンでのネット接続は、「ドコモ/ソフトバンク/au」などを利用せずに
「WiMAX」や「EMOBILE」を利用する方法もあります。
スマートフォンもWiMAXやY!mobileでお得

さらに、利用量が少ない方や、
自宅では光やADSLだけど、外出先でも少しインターネットを使いたい方などには、
LTE・3G SIMカードのプランを利用する方法もあります。

その他にも、外出先では、パケット通信量(パケット料金)を節約する為に
利用料金の安い公衆無線LANを使う方法もあります。

公衆無線LAN? Wi-Fiスポット?

公衆無線LANとは、
公衆無線LANや、無線LANスポット、Wi-Fiスポット、アクセスポイントなどと呼ばれる場所があります。
その場所は、大きな建物と考えて下さい、
大きな建物内に強力な無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を設置してあります。
建物までの回線利用料金は、建物の管理者が支払っています、

その無線ルーターに、皆さんがお持ちの、パソコンやスマートフォン、タブレットなどから
3G 4G LTEなどのデータ通信は使わずに、無線LAN(Wi-Fi)で接続するわけです。
先ほども説明したように、
Wi-FiとはLANケーブルの代わりなので、無線LAN(Wi-Fi)そのものを利用するのは無料です。

建物の管理者が、その無線LANルーターを
○○○円でいくらでも使っていいよ(接続していいよ)!というのが公衆無線LANで、
主に通信会社やプロバイダーが申込み窓口の下記などです。
・フレッツ・スポット
・docomo Wi-Fiエリア
・ソフトバンクWi-Fiスポット
・Yahoo!BBモバイルポイント
・au Wi-Fi SPOT
・OCNホットスポット
・BIGLOBE BBモバイルポイント

会員登録してくれたらタダで使ってもいいよ、などというのがあります、
・セブンスポットや東京メトロ駅のMANTA (セブン&アイグループ)
・at_STARBUCKS_Wi2 (スターバックス)
・FREESPOT (FREESPOT協議会:主幹事 株式会社バッファロー)

公衆無線LANは不特定多数の人が利用しますので
セキュリティには十分な注意が必要です、
公衆無線LANでの重要なデータのやりとりは、おすすめ出来ません
また、端末のWi-Fiネットワークに表示される、知らない接続先は利用しないように!